赤い羽根共同募金

赤い羽根共同募金
戦後間もない1947年(昭和22年)にスタートし、社会福祉施設・団体への機器整備や事業費への助成、さらには、ボランティア活動など地域の草の根活動や災害時のボランティア活動支援など民間の社会福祉事業を力強く支えています。

募金期間は

厚生労働大臣の告示により、10月1日から12月31日まで全国一斉に行うことが定められています。12月には歳末たすけあい募金もあわせて行います。
各家庭や職場、学校そして街頭でもご協力をお願いしています。

平成29年度 共同募金実績報告

戸別 41字 953,750円
個人大口
(個人企業含む)
567名 1,028,773円
企業 26社 187,000円
学校 10,708円
職域
(役場団体)
58,010円
街頭
(ボーイスカウト)
27,987円
街頭
(募金箱)
 8,149円
イベント 11,500円
 2,285,877円
戸別 752,800円
企業 1社 15,000円
個人 1名 2,118円
769,918円

ご協力ありがとうございました。

※共同募金について、
さらに詳しい情報は、

もご覧ください。

共同募金のつかいみち

募金って、どこか遠いところで役に立っているイメージがありませんか?赤い羽根共同募金は、集まったお金の約70%がその地域のために使われているんです。残りの30%は、町域を超えた、広域的な福祉課題を解決するために使われています。

滋賀県域で30%、多賀町で70%。みなさまの善意は、多賀の町で使われています。

✿赤い羽根共同募金のつかいみち✿

*高齢者見守り訪問事業

いつも気にかけてくれてありがとう。 安心して暮らせるわ。 〜ひとり暮らしの方より〜 お元気ですか? おかわりないですか? 〜地域の民生児童委員の方〜 ✿支援を必要とされる高齢者等の見守り訪問を、地域の民生児童委員の方々がしてくださっています。いつまでも地域で安心して暮らせるために✿

*地域のサロン

*子ども会ふれあい事業

*ふれあい食堂

  • 毎月月末金曜日(8・12月は変更)
  • メニュー カレーライス・コーヒー

*夏祭りの様子

平成27年度より、「杉の子クラブ」として特別支援学級・特別支援学校に通う子ども達の学童が、ふれあいの郷で実施されています。

月水金週3日、子ども達を送迎されるお母さん達が、玄関先の暗い場所で立ち話をされている姿を見てきました。

そんなお母さんやご家族の方が、たまにはゆっくりお話ができ、少しの間「ホッと」できる場所が提供できれば…と考え始めました。

平成28年8月より開催
今では、学校の先生方、ボランティアのみなさん、役場関係者のみなさんなど多くの方の参加をいただき、居場所・交流の場となっています。

*一人一花作り

  • ふれあい弁当(父子家庭で必要とさせる方へ月2回おかずをお届け)
  • 学校福祉活動事業助成
  • 各字車椅子貸与
  • 福祉大会共催
  • ボランティア活動費(ボランティア保険掛金助成等)

✿ 歳末たすけあい募金のつかいみち ✿

*おせち料理サービス

日赤奉仕団のみなさんの手作り

*ひとり親家庭支援

クリスマスケーキと図書券を、子ども達にお届けしています。

  • 生活困窮世帯への歳末激励金
  • 障がい児者支援事業

*本年度に集まった募金は、全額多賀町の歳末たすけあい事業に使わせていただきました。


 最終更新日 2019年01月15日(火)